スタッフブログ

新現場【洗浄・シール打ち替え】

みなさん!どうも株式会社山陰カラーズのにしやんです!

今回はまたありがたいことに当店で塗り替えをしたいと決めてくださったお客様のおうちの洗浄、シールの打ち替えを一気に書いていこうと思います!

いやぁ、ここ最近現場の作業風景ばかりブログに書いているのですがたまには、日常系といいますか現場以外での出来事もたくさん書いていきたいのですがなかなかネタがなかったり、どんなものを書いていいのかわからなくて迷子状態なんですよね(笑)

とかいいつつも頭捻って現場以外のことも徐々に書いていこうと思いますので、現場作業のブログもですが日常系のブログもアップした際にはぜひ、見てやってください!

前置きはこの辺にしておいて、本編にいきましょう!!

まずは洗浄ですね

洗浄はこれでもかともう書いてきたのでスパッと飛ばしまして

今回、こちらのおうちは自社で全てのシールの打ち替えをさせていただいたのですが、写真でも見てわかる通り、もう壁とシールの間にがっつり隙間が空いていてシールの機能が働いてない状態にまで劣化してしまっていますね💦

ほとんどの縦目地のシールがあのような状態でしたのでカッター等を使って全撤去していきます!

そして写真ではまだ壁の小口に旧シーリング材が付いていますが…

あのまま新たにシールを打ってもあまり密着しないので壁を削らないように旧シール材だけを撤去します!

これぐらいまでしてこその職人だと僕は思ってます😏

塗装もシールも最終的には綺麗に見えるため悪質な業者は人目を盗んで手抜きをしますがそんなことは僕のプライドは絶対に許しませんね😠

そして撤去が終わったら養生していきます!

冊子周りもシールを打ちますので全て養生してます!

そして冊子周りに関してはあまりに状態が悪いところ以外は旧シールの上から新しいシールを打つ増し打ちをしていきます。

冊子周りのシールに関しましては目地のシールと違い少々説明が難しいのですが下手に撤去して新しく打つよりも増し打ちの方が結果的にはいいのでこのように施工させていただきました!

そしていつも通り、シールを打つ前にプライマーを塗布していきまして…

そしてプライマーを塗り終わったらシールを充填して慣らしていきます!

基本的にいつも自社でシール打ち替えする時は後輩のゆうに充填してもらってそれを僕がならしていくのですがそのうちこの子にも練習させてならせるようになったらたまには逆に僕が充填していきたいですね(笑)

そしてならし終わって養生をとればシールの打ち替え作業終了です!

こうやってブログで書いて説明したら簡単そうに思えるかもしれませんが実際に作業すると結構時間かかる作業で大変なんですよ。(笑)

はい!ということで本日はここまでです!今回も読んでいただきありがとうございました!また次回お会いしましょう!それでは

外壁塗装/屋根塗装のお見積り、ご相談は無料です。

どうぞお気軽にお問合せ下さい!

0120-37-0933

sanin.colours@gmail.com

鳥取県米子市淀江町西原1208-4

株式会社山陰カラーズ(プロタイムズ米子店)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

全国100店舗以上|プロタイムズは安心の屋根・外壁リフォームをご提供する全国組織です。|安心・安全・高品質・全国組織