スタッフブログ

【塗料に含まれる成分】

みなさんどうも!株式会社山陰カラーズのにしやんです!

今回は外壁、屋根塗装において使用する塗料に含まれる成分について解説していこうと思います!

塗り替えする際使っていただく塗料の成分を自身で調べた時にどういったものなのかと理解できておた方がいいと思いますので参考にしてやってください!

それではいきましょう!

 

・塗料は基本的に合成樹脂、顔料、添加剤などの成分で構成されています。

 

◇3つの塗膜成分(塗料の種類や性能、価格を左右します)

・合成樹脂

かつて樹木の脂を使っていたことから、樹脂と呼ばれています!

塗料の耐久性やグレードを決める成分です。

固形のものから、水状のものまで様々でな粘性のものがあり、塗料用として溶かしたり薄めたものを言います。

主なものとして、アクリル樹脂、ウレタン樹脂、シリコン樹脂、フッ素樹脂があります!

 

・顔料

顔料は塗膜に色を付けるための成分です!

顔料には、着色顔料と体質顔料、機能性顔料の3種類があり、塗料の色を決める顔料は着色顔料と呼ばれ、

有機顔料と無機顔料とがあります。

有機顔料は、石油からつくられる合成顔料で、鮮明であらゆる色彩をつくりだすことができます。

特に屋外では色褪せしやすいという特徴を持っています。

無機顔料は、鉱物顔料ともいわれ、もとは色のついた鉱物やさびなど自然物のものを使用しています。

よって顔料の種類が少なく、使える色に制限がありますが、耐候性や耐薬品性に優れています!

・添加剤

塗膜の性能を向上させるために、さまざまな機能を追加させる成分です。

塗料の品質を安定させる効果、コケやカビを抑制させる効果、塗料の柔軟性・付着力を高める効果など、多くのメーカーが添加剤を開発しています。

添加剤に関しては後入れのタイプもありますのでコケなどが気になる面に塗る塗料に追加で入れることもできますので気になる方は業者さんに相談されることをオススメします!

 

◇揮発成分(塗料を塗るためのものです。塗料の性質に合わせて使い分けます。)

・有機溶剤

溶剤系塗料に使われます。密着性に優れ、塗装後の乾燥が早いのも大きなメリットです!

溶剤塗料には以下の特徴があります。

・耐候性、耐摩耗性、防水性が高い

・塗装後の乾燥が早い

・臭いが強い

 

・水

水性系塗料に使われますが、全てが水のものもあれば、少量の有機溶剤が含まれるものもあります。

水性塗料には以下のような特徴があります。

・臭気が少ない

・保管しやすい

・塗りやすい

 

という感じで塗料に含まれる成分をできるだけわかりやすくまとめてみましたがいかがだったでしょうか?

溶剤や水性でそれぞれのメリット、デメリットがありますので、どちらをとるかよく考えたり業者さんと話し合いながら決めていくと円滑に塗り替え工事ができると思いますので、最後まで読んでくださった方はぜひ覚えていってくださいね!

 

はい!ということで今回はここまでです!最後まで読んでいただきありがとうございました!また次回お会いしましょう!それでは!👋

 

外壁塗装/屋根塗装のお見積り、ご相談は無料です。

どうぞお気軽にお問合せ下さい!

0120-37-0933

sanin.colours@gmail.com

鳥取県米子市淀江町西原1208-4

株式会社山陰カラーズ(プロタイムズ米子店)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

全国100店舗以上|プロタイムズは安心の屋根・外壁リフォームをご提供する全国組織です。|安心・安全・高品質・全国組織