スタッフブログ

【木材の特徴と木部塗装】

みなさんどうも!株式会社山陰カラーズのにしやんです!

今回は数多くのお家に使用されている外壁における木材の特徴と塗装について書いていこうと思います!

それでは早速いきましょう!!

建物には多くの木が使用されており、木材は住宅にかかせない材料の1つです!

外装に使用された木材は、雨風や紫外線の影響を受けやすいため、劣化を防ぐためには塗装などのメンテナンスが必要です!

 

木材の特徴

・木は外の湿度の関係により、湿気を吸ったり噴いたりし伸縮します。

・木は木目(板目、柾目、杢目)をもち、デザインとして生かすことができます。

 

デリケートな性質を持つ木部の塗装は、配慮しなければなりません。

木部塗装では、木目を生かす「浸透タイプの塗料」と、木目が消える「造膜タイプの塗料」があります!

 

浸透タイプ

代表的な塗料:木材保護着色塗料、着色仕上げ、ステイン

塗装の目安:約3年に1回

質感:木肌を残せる

デメリット:ツヤが出にくい

 

造膜タイプ

代表的な塗料:合成樹脂塗料

塗装の目安:2年~5年に1回

質感:塗膜を残す

デメリット:下地処理に時間がかかる

 

お客様のご希望でどちらのタイプでも塗装可能です!

造膜タイプの塗料の中でも、木目を残せる「クリアタイプ」というのもあるので、木目も生かしたいけど、耐久性も求めたいという方にはオススメの材料となっております!

木部の塗装をしたいと検討されている方はぜひ参考にしてみてやってください!

 

はい!ということで今回はここまでです!最後まで読んでいただきありがとうございました!また次回お会いしましょう!それでは!👋

 

外壁塗装/屋根塗装のお見積り、ご相談は無料です。

どうぞお気軽にお問合せ下さい!

0120-37-0933

sanin.colours@gmail.com

鳥取県米子市淀江町西原1208-4

株式会社山陰カラーズ(プロタイムズ米子店)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

全国100店舗以上|プロタイムズは安心の屋根・外壁リフォームをご提供する全国組織です。|安心・安全・高品質・全国組織