スタッフブログ

【スレート瓦でも塗装ができるものとできないもの】

みなさんどうも!株式会社山陰カラーズのにしやんです!

今回は屋根塗装でよくあるスレート瓦についてなんですけども基本的には塗装ができる屋根として知られていますが、物によってはできないものも存在するのでそちらの方を解説していきたいと思います!

それでは早速いきましょう!!

 

塗装ができるスレート瓦

まずは塗装ができるスレート瓦の特徴を解説していきます!

 

・カビやコケが生えているもの

コケやカビが生えているだけの屋根は通常は塗り替えが可能です!

しかし、下塗り剤は厳選する必要があります。

コケが生えている屋根は、劣化が激しくなっている事も考えられます。

※歩行をするだけで屋根材が割れるぐらい劣化している場合は、塗替えできません!

 

塗装ができないスレート瓦

次に塗装ができないタイプのスレート瓦です!

パミール屋根

パミールはミルフィーユのように層間剥離を起こしてしまいます。

したがって、パミールの屋根はいくら塗装しても表層が塗膜と一緒にめくれてしまいますので、塗装では対処できません💦

写真程度の劣化ではパミールだとわからずに塗ってしまう塗装会社がほとんどです。

早めに屋根をカバー、または葺き替えしなければ雨漏りの心配があります!

 

・ノンアスベスト屋根

以前はセメントにアスベストを含有して強度を高めていましたが、2000年以降アスベストが禁止となり、現在使われているスレート瓦はノンアスベストです!

ノンアスベストの屋根材は歩くとパキパキ割れてしまうほど脆く、割れを補修して塗装しても、他の場所からの自然の割れを防ぐことができません💦

「ノンアスベスト位なら補修して塗装すれば大丈夫」と言って塗装を進める会社もあるようですが、僕はおススメしません。

塗って数年は持つかもしれませんが、近い将来、屋根の「葺き替え」か「カバー工法」が必要になるので、今のうちに替えてしまった方が余計な費用がかかりません。

 

・前回の塗装の剥がれ

古い塗装が剥がれてしまった屋根も塗装をおススメしません。

古い塗膜を完全に除去させてから塗装するのは現実的に不可能ですし、塗膜を剥がさずに古い塗膜を固めて塗装することもできますが、塗料本来の耐用年数が発揮できないばかりか、数年で再び塗膜が剥がれてくる可能性も残ってしまいます💦

こちらもノンアスベストと同じく、近い将来屋根の「葺き替え」か「カバー工法」が必要になるので、今のうちに替えてしまった方が結局お得で綺麗になります!

 

いかがだったでしょうか?一括りにスレート瓦とはいってもスレート瓦自体の種類や状態によっては塗るだけ損になってしまう物もございます。

変な業者、知識のない業者は塗装ができないのに塗装できるなどといって塗り替えをオススメしてきますが、無駄金を払ってしまう前に正しい知識をもってきちんとお家の状態を見てくれる業者さんを探して頂いて安心できる改修工事ができることを願ってます!

もちろん当店では事前に現調をさせて頂いてどんな状態なのかほんとに塗装ができるのかというチェックを診断させて頂いておりますので外壁、屋根塗装を検討されている方はぜひ、当店にご相談してくださいましたらきちんと対応させていただきますのでよろしければご連絡ください!

 

はい!ということで今回はここまでです!最後まで読んでいただきありがとうございました!また次回お会いしましょう!それでは!👋

 

外壁塗装/屋根塗装のお見積り、ご相談は無料です。

どうぞお気軽にお問合せ下さい!

0120-37-0933

sanin.colours@gmail.com

鳥取県米子市淀江町西原1208-4

株式会社山陰カラーズ(プロタイムズ米子店)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

全国100店舗以上|プロタイムズは安心の屋根・外壁リフォームをご提供する全国組織です。|安心・安全・高品質・全国組織