スタッフブログ

【塗料に含まれる成分】

みなさんどうも!株式会社山陰カラーズのにしやんです!

今回は結構マニアックな内容となっており、外壁塗装に使われる塗料に含まれる成分について書いていこうと思います!

ある程度知識がある方は水性、溶剤・ウレタン、シリコン、フッ素などとさまざまな種類があることを知っている方もおられると思いますがそれらにどんな成分が含まれているのか知っている方はおそらく少ないと思います!

ですので、今日はそれらをまとめて解説していきます!

それではいきましょう!!

 

塗料は合成樹脂、顔料、添加剤などの成分で構成されている

3つの塗膜成分(塗料の種類や性能、価格を左右する)

 

・合成樹脂

かつて樹木の脂を使っていたことから、樹脂と呼ばれています!

塗料の耐久性やグレードを決める成分となっており、固形のものから水状のものまで様々でな粘性のものがあり、塗料用として溶かしたり薄めたものを言います!

主なものとして、アクリル樹脂、ウレタン樹脂、シリコン樹脂、フッ素樹脂があります!

 

・顔料

顔料は塗膜に色を付けるための成分です!

顔料には、着色顔料と体質顔料、機能性顔料の3種類があり、塗料の色を決める顔料は着色顔料と呼ばれ、有機顔料無機顔料とがあります!

有機顔料は、石油からつくられる合成顔料で、鮮明であらゆる色彩をつくりだすことができます!

そして屋外では色褪せしやすいという特徴を持っています💦

無機顔料は、鉱物顔料ともいわれ、もとは色のついた鉱物やさびなど自然物のものを使用しています!

よって顔料の種類が少なく、使える色に制限がありますが、耐候性や耐薬品性に優れています!

 

・添加剤

塗膜の性能を向上させるために、さまざまな機能を追加させる成分です!

塗料の品質を安定させる効果、コケやカビを抑制させる効果、塗料の柔軟性・付着力を高める効果など、多くのメーカーが添加剤を開発しています。

こちらの添加剤は元々入っているというよりは、その名の通り使用する塗料に後から入れることが多いです!

 

揮発成分(塗料を塗るためのものです。塗料の性質に合わせて使い分けます。)

・有機溶剤

溶剤系塗料に使われており、密着性に優れ、塗装後の乾燥が早いのも大きなメリットです!

溶剤塗料には以下の特徴があります!

・耐候性、耐摩耗性、防水性が高い

・塗装後の乾燥が早い

・臭いが強い

 

・水

水性系塗料に使われますが、全てが水のものもあれば、少量の有機溶剤が含まれるものもあります!

水性塗料の特徴は以下になります!

・臭気が少ない

・保管しやすい

・塗りやすい

 

このような感じで塗料の種類も詳しく見れば見るほど数多くあります!

どんな仕上がりにしたいのかどのような特徴があるのか事前に知っておくことで悪徳業者にも引っかかりにくくもなりますので塗り替えを検討される方は少しめんどくさいかもしれませんけど調べておくことを本当にオススメします!

むしろ当店でしたら、社長だけでなく僕自身もお客様にカウンセリングをよくさせて頂いておりまして、少しでも不安などを無くせるように質問等を作業中でもお答えさせて頂いてますのでご安心ください!

はい!ということで今回はここまでです!最後まで読んでいただきありがとうございました!また次回お会いしましょう!それでは!👋

 

外壁塗装/屋根塗装のお見積り、ご相談は無料です。

どうぞお気軽にお問合せ下さい!

0120-37-0933

sanin.colours@gmail.com

鳥取県米子市淀江町西原1208-4

株式会社山陰カラーズ(プロタイムズ米子店)

 

 

【雨漏りを放置することで起きる事】

みなさんどうも!株式会社山陰カラーズのにしやんです!

今回は雨漏りについて書いていこうと思います!

雨漏りは放置することでさまざまな悪影響がありますのでもしも当てはまる方がいらっしゃればなるべき早く業者の方に相談をすることをオススメします!

それではいきましょう!

 

まず雨漏りには、一次被害二次被害があることをご存知でしょうか?

一次被害は、建物に影響があり建物の寿命が大幅に短くなってしまう可能性があり、二次被害は間接的に人体へ影響を与えます。

お子様や高齢者、ペットがいるお家では、二次被害になる前に雨漏りを直したいですよね!

では、雨漏りが起きた時の症状についてご紹介します!

 

【こんな症状はありませんか?

・天井や壁にシミがある

・天井や壁のクロスが剥がれてきた

・床が膨れている

・部屋の中がカビ臭い

・革製品にカビが生えやすい

 

このような症状が見られる場合は、早めに現地調査を依頼するようにしましょう!

雨漏りは屋根からのイメージが強いと思いますが、壁やサッシ周り、ベランダからも発生します!

水がポタポタ垂れてくるのは雨漏りの最終段階で、その前から雨漏りは始まっています。

 

雨漏りを放置することで起こる悪影響

1 建物内部の劣化

ポタポタと垂れてくる前から、雨漏りは起きているため建物を支えている木材や鉄筋に錆や腐食が起こります!

雨漏りのメンテナンスを怠ったり、周期を長引かせてしまうと大規模なリフォームが必要になる可能性があります。

 

2 シロアリの発生

シロアリは湿った木材を好むため、シロアリが発生します。

シロアリを発生させないためにも早めの対策が大切です!

 

4 漏電の危険

雨漏りが起こることで、漏電や火災が発生する可能性があります。

本来、電気機器や配線には漏電しないように絶縁処理がされていますが、何かしらの理由で水気を帯びて電気が漏れてしまうことがあります。

漏電や火災を起こさないためにも、雨漏りを発生させない、放置しないことが大切です!

 

4 人体への影響

雨漏りを放置することで、建物内にカビなどが発生して室内の空気が汚染されてシックハウス症候群を引き起こします。

症状は人により異なり、風邪や花粉症に似た症状のため気が付かないで生活を送っている方も少なくはありません。

 

 

いかがだったでしょうか?

家の劣化を防ぎ、ご自身の健康を維持するためにも、雨漏りは放置しないでとりあえず調査を依頼しましょう!

雨漏りを発生させないためにも、定期的なメンテナンスをオススメします!

 

はい!と言うことで今回はここまでです!最後まで読んでいただきありがとうございました!また次回お会いしましょう!それでは!👋

外壁塗装/屋根塗装のお見積り、ご相談は無料です。

どうぞお気軽にお問合せ下さい!

0120-37-0933

sanin.colours@gmail.com

鳥取県米子市淀江町西原1208-4

株式会社山陰カラーズ(プロタイムズ米子店)

 

 

【ペットを飼っている際の塗り替えについて】

みなさんどうも!株式会社山陰カラーズのにしやんです!

今回は外壁塗装をするけれど我が家にはペットを飼っているけれど塗料の匂いなどはどうなのか不安がある方向けの記事になっております!

それではさっそくいきましょう!

 

ペットがいるお家での塗り替えの注意点

犬や猫、鳥などのペットは人間よりもかなり嗅覚聴覚などが敏感です!

外壁塗装中の塗料の匂いによって、大切なペットの体に異変が起きてしまうこともあります。

中には、普段と異なる環境下におかれる事で強いストレスを感じそれが原因で体調を崩す子もいるそうです💦

では、外壁塗装の際にできる対策を確認しておきましょう!

1 業者にペットがいることを伝えておく見積もり時や契約時に、外飼いか室内飼いか等ペットがいることも伝えておきましょう!

大抵の場合ペットに配慮した塗料や施工工程を提案してもらえますのでお忘れ無く!

 

2 ケージの位置を考慮する

外飼いの場合は、ケージを工事の邪魔にならないような場所や離れた場所に移動するか、動かしてもらうようお願いしましょう!

ただ庭先や玄関先などは、職人さんが何度も行き来をするのでストレスに感じるかもしれませんので気をつけましょう💦

 

3 外に連れ出す

足場の設置、解体時や高圧洗浄時は大きな音が出ます。

大きな音はストレスの原因となってしまいますので、騒音が発生する期間中は、敷地の外に連れ出したり、実家やご友人の家に預けると安心ですね!

 

 

ペットも大切な家族ですので、配慮してくれる業者がいいですよね!

「ペットがいるけれど配慮はあるか」「外壁塗装中にはどんな対策が可能か」など業者に確認してみましょう。

もちろん!当店でもペットがいて不安があるという場合でも極力ストレスを与えず、気をつけて工事させていただきますのでペットを飼っている方は事前に伝えておいていただけると助かります!😄

はい!ということで今回はここまでです!最後まで読んでいただきありがとうございました!また次回お会いしましょう!それでは!👋

 

外壁塗装/屋根塗装のお見積り、ご相談は無料です。どうぞお気軽にお問合せ下さい!

0120-37-0933

sanin.colours@gmail.com

鳥取県米子市淀江町西原1208-4

株式会社山陰カラーズ(プロタイムズ米子店)

 

全国100店舗以上|プロタイムズは安心の屋根・外壁リフォームをご提供する全国組織です。|安心・安全・高品質・全国組織